南北連絡事務所、韓国の関係者9人追加

南北連絡事務所、韓国の関係者9人追加

韓国統一部は26日、9人の関係者が追加で開城(ケソン)の南北共同連絡事務所に出勤したと明らかにした。(提供:news1)

韓国統一部は26日、9人の関係者が追加で開城(ケソン)の南北共同連絡事務所に出勤したと明らかにした。

統一部の関係者は「連絡事務所の関係者1人と施設管理関係者8人がこの日午前、開城へ向かった」と述べた。

彼らは京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)南北出入事務所(CIQ)を通じて、北朝鮮側の協力を得て、正常に開城入りした。

統一部はこの日、開城に滞在する韓国側の関係者は63人だと説明した。

連絡事務所の北朝鮮側の関係者の出勤についてはまだ把握されていない。

北朝鮮は去る22日、一方的に開城連絡事務所の関係者の撤収を通知した後、3日後の25日に一部関係者を復帰させた。

関連記事(外部サイト)