北朝鮮の関係者4〜5人、南北連絡事務所に出勤

北朝鮮の関係者4〜5人、南北連絡事務所に出勤

韓国統一部は26日、南北の関係者が全員、開城(ケソン)南北共同連絡事務所へ出勤したと明らかにした。(提供:news1)

韓国統一部は26日、南北の関係者が全員、開城(ケソン)南北共同連絡事務所へ出勤したと明らかにした。

統一部の関係者は「北朝鮮側から前日同様に4〜5人の勤務者が出勤した状態」とし「正常に南北間の午前定例連絡代表協議を進めた」と述べた。

北朝鮮は去る22日、一方的に開城連絡事務所の関係者の撤収を通知した後、3日ぶりの25日、一部関係者を復帰させた。

北朝鮮から普段、10人の関係者が出勤し勤務していたことを勘案すれば、まだ開城連絡事務所の業務が全面“正常化”されたのではないとものとみられる。

ただし、北朝鮮側は前日から韓国側との定例連絡代表協議に正常に臨んでいる状態だ。

関連記事(外部サイト)