韓国の元徴用工ら、日本企業を追加提訴

韓国の元徴用工ら、日本企業を追加提訴

韓国の元徴用工ら、日本企業を追加提訴

韓国の元徴用工が日本企業を相手に追加損害賠償訴訟を提起した。

元徴用工と遺族ら31人は4日、日本製鉄(旧新日鉄住金)、不二越、三菱重工業、日本コークス工業を相手取り、元徴用工損害賠償訴訟をソウル中央地方裁判所に提起した。

元徴用工のための訴訟代理人団はこの日午前11時ごろ、ソウル中央地方裁判所前で記者会見後、裁判所に訴状を提出した。

代理人団の関係者は「日本製鉄、三菱重工業、不二越だけでなく、日本の加害企業の対象を拡大しながら、持続的に訴訟を起こしていく」とし、「日本政府と加害企業の公式的な謝罪と自発的な被害補償が行われることを期待する」と述べた。

関連記事(外部サイト)