韓国与野党、記録的水害に「迅速な復旧・追加対応が最善」と声を1つに=韓国

韓国の与野党は16日、集中豪雨により全国で被害が続出したことについて、迅速な復旧と追加被害を予防するよう、声を1つにして強調した。

ユン・ヒソク国民の力(与党)報道官は論評で「豪雨被害の先制的予防と迅速な復旧に最善を尽くす。特に、チョンジュ(清州)市オソン(五松)地下にある車両の浸水事故救助作業には軍・警察・消防・地方自治体のすべての人材と資源を総動員しているため、早い時間に救助が完了するよう努力する」と述べた。

さらに「何よりも大きな心配は来週まで予報される雨だ。人命被害と事故予防のための先制的な努力がより一層必要だ。一時避難をしている方たちにも不便がないよう、関係部処と自治体は最善を尽くしてほしい」と呼びかけた。

同党所属のチョン・ウテク(鄭宇澤)国会副議長は「政府は行き過ぎだと思えるほど、豪雨に備えなければならない。半地下住宅、地下駐車場、地下鉄など、低い地帯には浸水防止施設を設置し、きちんと作動するか徹底的に点検しなければならない」と促した。

パク・グァンオン(朴洸瑥)共に民主党(野党)院内代表もフェイスブックで「これ以上、豪雨と洪水による人命被害があってはならず、財産被害も減るようにしなければならない」と強調し「政府と地方自治体は利用可能な資源を総動員して状況対備と人命救助に総力を尽くし、梅雨が完全に過ぎ去るまで非常勤務体制を維持してほしい」と依頼した。

続いて「政府は被害状況を徹底的に把握し、迅速かつ十分な財政支援対策を用意してほしい。特別災難地域宣言は早ければ早いほど効果的だ。今から検討に入らなければならない」と主張した。

一方、与野党は集中豪雨による水害事態を勘案し、17日に予定された国会国土交通委員会全体会議を延期することで16日に合意した。

これに先立ち、7日に与野党はソウル~ヤンピョン(楊平)高速道路建設事業白紙化物議に関し、17日に国土交通委員会全体会議を開き、ウォン・ヒリョン(元喜龍)国土交通部長官に対し、懸案質疑を進行することで合意している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?