セウォル号沈没事故から丸5年…文大統領「国民の安全が最優先…政府の確約は必ず守る」=韓国

旅客船セウォル号沈没事故から丸5年で文在寅大統領が約束 「政府の確約は必ず守る」

記事まとめ

  • 旅客船セウォル号沈没事故から丸5年となる16日、文在寅大統領がFacebookを更新した
  • 文大統領は「真相究明と責任者の処罰は徹底しておこなう」と、Facebookなどに綴った
  • また、文氏は事故により人々の心がけが変わったとし、江原道の山火事にも触れた

セウォル号沈没事故から丸5年…文大統領「国民の安全が最優先…政府の確約は必ず守る」=韓国

セウォル号沈没事故から丸5年…文大統領「国民の安全が最優先…政府の確約は必ず守る」=韓国

セウォル号沈没事故から丸5年…文大統領「国民の安全が最優先…政府の確約は必ず守る」=韓国

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は旅客船セウォル号沈没事故から丸5年経った16日、「(犠牲となった)子供たちを記憶し、国民の生命と安全が最優先であるという政府の確約は必ず守る」と約束した。

文大統領はこの日午前、Facebookなどに「セウォル号沈没事故5周忌。2度と同じ悲劇が繰り返されないよう努めるという覚悟を再確認する。真相究明と責任者の処罰は徹底しておこなう」とし、このように綴った。

文大統領は「5年間で変化も多かった。安全に対する姿勢が、隣人を心配して共に共感する心がけが変わった」とし、「先日、江原道(カンウォンド)地域の山火事では、誰が先にということもなく動作が不便な隣人たちを先に労わった。私だけがではなく、私たちのための行動が皆を偉大にさせている。セウォル号の子供たちを記憶する平凡な人々の行動がこの国を変えていると信じる」と強調した。

関連記事(外部サイト)