トランプ米大統領、北・金正恩氏との対話に「彼とは良い関係…はやく進める必要はない」

トランプ米大統領、北・金正恩氏との対話に「彼とは良い関係…はやく進める必要はない」

トランプ米大統領、北・金正恩氏との対話に「彼とは良い関係…はやく進める必要はない」

米国のドナルド・トランプ大統領が15日(現地時間)、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と「良い関係を持っている」とし、北朝鮮問題に対して楽観的な基調を維持した。

しかし、「対話ははやくにする必要はない」としながら、金委員長が促した“年内果敢な決定”からは退く立場を取った。

米メディアによるとトランプ大統領はこの日、ミネソタ州でおこなった演説で金委員長と「とても良い関係」とし、「彼は前回、追加対話を期待していると述べた」と伝えた。

続けて「対話も良い」と言及するも「これははやく動く必要はない。いまがすごく完ぺきな動きだ。そして、われわれは良い関係だ。制裁は…建設的なことがたくさん展開している」と強調した。

関連記事(外部サイト)