正恩氏−プーチン氏、来週のロ朝首脳会談開催が有力

正恩氏−プーチン氏、来週のロ朝首脳会談開催が有力

正恩氏−プーチン氏、来週のロ朝首脳会談開催が有力

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長とプーチン大統領のロ朝首脳会談がロシア・ウラジオストクで来週中に開かれると予想されている。

ロシアのメディアは、外務省消息筋の言葉を通して「ロ朝首脳会談がウラジオストクにて開かれるだろう」とし、「プーチン大統領が一対一で首脳フォーラム出席を前に、金委員長と会談するとみられる」と17日(現地時間)、伝えた。

ただし、「金委員長は衝動的な性格であるため、日程が変更される可能性もある」と報じている。

今回、ロ朝首脳会談が実現する場合、金正日(キム・ジョンイル)総書記が去る2011年、ブリヤート共和国を訪問し当時のドミートリー・メドヴェージェフ大統領を接見して以降、8年ぶりの首脳会談となる。

関連記事(外部サイト)