海外メディア「韓国、エキスポ誘致に総力を尽くした」と評価

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 韓国・釜山は2030年開催の国際博覧会誘致に尽力したが、開催地はサウジアラビア・リヤドに決定した。
  • 韓国はK-POPグループBTSを広報大使に起用するなど総力を尽くしたが、サウジは改革をPRする狙いがあった。
  • 海外メディアは釜山の努力を評価したものの、サウジの大規模な予算と思い切った改革が開催地選定に影響した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

韓国・釜山(プサン)の奮戦にもかかわらず、2030年の国際博覧会(エキスポ)の開催地がサウジアラビアのリヤドに決定した。海外メディアは厳しい環境の中でも韓国が誘致に総力を尽くしたと評価した。

 国際博覧会機構(BIE)は28日(以下、現地時間)、フランス・パリ郊外で総会を開き、リヤドを2030エキスポ開催地に決定した。開催地選定投票でリヤドは116票を得て、釜山(29票)とイタリア、ローマ(16票)をリードした。

 ニューヨークタイムズ(NYT)は韓国のエキスポ誘致について「ドラマ『イカゲーム』の主人公イ・ジョンジェなど有名人と、K-POPを代表する『BTS』を広報大使に任命するなど、初のエキスポ誘致のために総力を尽くした」と評した。AP通信も「釜山は観光客誘致と雇用創出のために、人工知能と6G技術力など先端技術をアピールした」と評価した。日経アジアは「釜山はエキスポ誘致のために多くの努力をした」としながらも「韓国は釜山誘致に政府予算57億ドルを割り当てたが、これはイタリアの109億ドル、サウジの78億ドルより少ない」と伝えた。

 このような努力にもかかわらず、釜山はオイルマネーを前面に押し出したリヤドに勝てなかった。実権者ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子主導で大規模な経済・社会改革を推進しているサウジは、改革の成果を対外に誇示するために今回のエキスポを誘致した。NYTはサウジのエキスポ開催について「サウジの国際的イメージを改善しようとするビン・サルマーン皇太子の努力の結実」と評価した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?