ロシア、少子化対策に「子無し税」検討か

露が人口減少で"子無し税"も

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ロシアの人口減少が深刻化し、出生率を上げる政策として旧ソ連時代の子無し税復活も議論されている。
  • 下院議員はラジオで子無し税導入を提案し、資金不足時は税金で問題を解決できると主張した。
  • ロシアの出生率は過去最低水準となり、プーチン大統領は出産政策強化で国民生活基準を上げたい考えだ。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ロシア、少子化対策に「子無し税」検討か

ロシアの合計特殊出生率は2021年に1.5人と過去最低を更新し、人口減少が深刻化している。政府は出生率を引き上げるためにさまざまな政策を検討しているが、中には旧ソ連時代に実施された「子無し税」の復活案もあるという。

 ロシアの日刊紙コメルサントは4日(現地時間)、エフゲニー・ペトロフ下院議員がラジオ放送で「(旧ソ連のように)無子女に対する税金を導入するのも良い考えだ」と発言したと報じた。ペトロフ議員は「出生率を促進する資金が不足しているなら、税金を導入すべきだ」と主張し、「税金は懲罰ではなく、問題を解決する方法だ」と説明した。

 旧ソ連は第2次世界大戦で人口が激減したことから、1941年11月に子無し税を制定した。これは、子供のいない20~50歳の男性と20~45歳の既婚女性に賃金の6%を課すもので、1990年代に廃止された。

 世界銀行によると、ロシアの合計特殊出生率(女性1人当たり15~49歳の間に産むと予想される平均出生児数)は2016年1.8人から2021年1.5人に低下した。韓国(0.7人)などと比べれば高い水準だが、ロシアでは危機的な状況だ。今年生まれる子どもは124万5000人と推計され、1999年(121万5000人)以来の最低水準であり、今後も減少傾向が続く見通しだ。

 プーチン大統領は8月、「大家族がロシア国民の生活の基準にならなければならない。ロシアの出産状況が引き続き厳しい状況だ」と述べており、出産奨励政策を強化する方針を示している。その一環として、中絶禁止法案も議論されている。

関連記事(外部サイト)

  • 15

    いずれそのうちに、中国がこの<子なし税>を設定して、人口増加を図るだろう!

  • 14

    少子化対策が出たと言うことは,壮年層を補う人口がいないと言うこと。そして,壮年層が戦死しているから,この国はプーチンの戦のせいで老人大国に突然突入した。勝っても先は暗い。まだ,負ける方が未来が有る国になりそうだ。中国が喜ぶ情勢だな。東ロシアは中国に編入される。

  • 13

    このニュースでは非常に控えめな表現になっていますが 海外のニュース番組では ある閣僚の発言として 「女は仕事なんてしてないで、20歳になったら ドンドン子供を産めばいいんだ」といった内容が 紹介されていました。 きっと日本の政治家の一部も 本当はこんなこと思ってるんだろうね。

すべてのコメントを読む