韓国大統領府、北の飛翔体発射を未だ挑発と判断せず…「米韓が協力中」

韓国大統領府、北の飛翔体発射を未だ挑発と判断せず…「米韓が協力中」

韓国大統領府、北の飛翔体発射を未だ挑発と判断せず…「米韓が協力中」

韓国大統領府(青瓦台)は22日、「北朝鮮の短距離ミサイルを含めた飛翔体と関連した部分について、米韓で緊密に協力し注視している」と明かした。

飛翔体の関係者はこの日午前、記者陣の取材に応じ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が前日(21日)米韓軍の上層部を昼食会に招き懇談会を開いた席で「北朝鮮が新たに追加で挑発しない限り、対話の流れは維持していく」と話したことと関連し、「北朝鮮の飛翔体とミサイルを挑発と判断したのか」との質問に、このように回答。

関係者は「論点は、米韓が北朝鮮の状況について、これに対する対応に一貫して対話の姿勢を維持するとの立場」とし、「この立場に変わりはない」と明かした。

関連記事(外部サイト)