南陽乳業創業者孫ファン・ハナ、麻薬容疑で追加起訴=韓国検察

南陽乳業創業者孫ファン・ハナ、麻薬容疑で追加起訴=韓国検察

南陽乳業創業者孫ファン・ハナ、麻薬容疑で追加起訴=韓国検察

韓国検察は、南陽乳業創業者の孫でSNSインフルエンサーのファン・ハナ被告について、ことし初めにヒロポン(メタンフェタミン)を投薬した容疑で追加起訴した。

水原地検は、ファン・ハナ被告を麻薬類管理に関する法律違反容疑で起訴したと24日、明らかにした。

今回の追加起訴は、ファン・ハナ被告の元恋人で婚約者の歌手パク・ユチョン被告(元JYJ)とことし2〜3月、6回にわたり麻薬を投薬したことと、ソウル近郊で1.5キロのヒロポンを3回にわたり購入した容疑に対するもの。

また、昨年9〜10月にパク被告と共にヒロポンを1度投薬した容疑も含まれた。

これにより、ファン・ハナ被告が麻薬を投薬した回数は計7回、購入した回数は3回で最終的に起訴された。

関連記事(外部サイト)