川崎で児童ら19人刺され、3人が心肺停止=韓国でも大きく報道

川崎で児童ら19人刺され、3人が心肺停止=韓国でも大きく報道

川崎で児童ら19人刺され、3人が心肺停止=韓国でも大きく報道

28日朝、川崎市・登戸駅の近くで小学生らが男に次々と刺される事件が発生。19人が負傷し、このうち3人が心肺停止と報じられた。

このニュースは韓国の各メディアもトップで報じるなど、大々的に取り上げられている。

警察や消防によると、午前7時40分ごろ神奈川県川崎市・登戸駅付近で、「路上で小学生が刺された」と通報があった。消防によると、子どもと大人あわせて19人がけがをし、このうち子ども1人と大人2人のあわせて3人が心肺停止の状態。また、小学生3人が重体との情報もある。

刺した男は40〜50代とみられ、その場で身柄が確保された。なお、男は自らを刃物で刺し、重体と伝えられている。

関連記事(外部サイト)