米国務省「北朝鮮のWMD、国連の決議違反…焦点は交渉」

米国務省「北朝鮮のWMD、国連の決議違反…焦点は交渉」

米国務省「北朝鮮のWMD、国連の決議違反…焦点は交渉」

北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)全体が国連安保理決議違反だと、米国務省のモーガン・オルタガス報道官が28日(現地時間)伝えた。ただし、米国が北朝鮮との非核化交渉を続けることが、米国の焦点だと強調した。

ロイター通信によるとオルタガス報道官は先ごろ、北朝鮮のミサイル発射に対する質問についてこのように答えた。

オルタガス報道官は「北朝鮮のWMDプログラム全体が国連安保理決議に反すると考える」と説明。

その上で「ただし米国は、北朝鮮のWMDプログラムを平和に終息させるための交渉を行う努力をしている」と述べた。

関連記事(外部サイト)