北朝鮮人口の44%に電気供給=国際機関の共同報告書

北朝鮮人口の44%に電気供給=国際機関の共同報告書

北朝鮮人口の44%に電気供給=国際機関の共同報告書

北朝鮮で電気供給を受ける人口が2017年基準で10人中4人に過ぎないことがわかった。国際機関の共同報告書で明らかになったと米国の声(VOA)放送が29日、報じた。

国際エネルギー機関(IEA)と世界銀行、世界保健機関(WHO)など5つの国際機関が最近、共同で発表した「持続可能な開発目標のエネルギー分野報告書」によると、2017年基準で北朝鮮人口の44%のみが電気を供給されたことがわかった。

国連推計の北朝鮮人口2500万人のうち、1400万人余りは電気の供給を十分に受けられず生活しているということだ。

このうち都市の電気供給率は39%で、地方の供給率(52%)より低かった。

ただし、北朝鮮の電気供給率は2010年29%、2015年40%と、徐々に改善されていることがわかった。

関連記事(外部サイト)