韓国外交部、“機密流出”外交官と野党議員への刑事告発を完了

韓国外交部、“機密流出”外交官と野党議員への刑事告発を完了

韓国外交部、“機密流出”外交官と野党議員への刑事告発を完了

韓国外交部(外務省に相当)が米韓首脳の通話内容を流出した疑いをもたれている在米韓国大使館所属のK公使参事官と野党「自由韓国党」の姜孝祥(カン・ヒョサン)議員に対する刑事告発を完了した。

K参事官の懲戒内容を確定する外交部懲戒委員会が開催される前に法的措置を断行したが、異例の対応との評価だ。

29日、外交部当局者は「前日午後、K参事官と姜議員に対する告発状を提出した」と確認した。

K参事官は去る8日、高校の先輩である姜議員にSNS通話でトランプ大統領と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の通話内容を漏らした疑いをもたれている。

この他にも、ことし3月、チョン・ウィヨン室長とボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の接見が実現しなかった経緯、4月の米朝首脳会談の実務協議内容などを姜議員に継続して伝えてきた疑いもある。

外交部は、流出行為が繰り返し行われていた点から「意図的」とみて、残り2件についても追加調査を行う方針だ。

外交部は30日、懲戒委員会を開き、K参事官に対する懲戒内容を確定する。K参事官以外に、今回の件に関係する別の職員1名についても、保安業務規程違反に関する懲戒も決定される予定だ。

関連記事(外部サイト)