韓国大統領府、北の金赫哲氏の処刑・金英哲氏の労役刑説に「早すぎる判断・言及は不適切」

韓国大統領府、北の金赫哲氏の処刑・金英哲氏の労役刑説に「早すぎる判断・言及は不適切」

韓国大統領府、北の金赫哲氏の処刑・金英哲氏の労役刑説に「早すぎる判断・言及は不適切」

韓国青瓦台(大統領府)は31日、北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会対米特別代表の処刑説及び金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党統一戦線部長の強制労働説報道について「確認できない」と述べた。

青瓦台の関係者はこの日、記者陣と会い、このような報道内容に対する質問を受け、こう述べた。

一部メディアはこの日、北朝鮮がハノイ米朝首脳会談決裂の責任を問い、実務交渉を務めていた金赫哲対米特別代表と外務省の事務担当らを処刑したと伝え、対米交渉を総括していた金英哲統一戦線部長も革命化措置(強制労働および思想教育)を受けたと報道した。

また同関係者は「あらゆる関連動向を調べている」とし「報道がどの程度確認された事案なのかを把握することが重要だが、早すぎる判断や言及は適切ではない」と述べた。

関連記事(外部サイト)