韓国統一部「北朝鮮と熱病防疫協力協議に着手」=北朝鮮でアフリカ豚コレラ発生受け

韓国統一部「北朝鮮と熱病防疫協力協議に着手」=北朝鮮でアフリカ豚コレラ発生受け

韓国統一部「北朝鮮と熱病防疫協力協議に着手」=北朝鮮でアフリカ豚コレラ発生受け

北朝鮮が慈江道 (チャガンド)でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生した事実を国際獣疫事務局(OIE)に公式報告した中、韓国政府が開城(ケソン)南北共同連絡事務所通じて、北朝鮮と防疫に対する協議に着手する。

統一部のイ・ユジン報道官は31日、定例会見で「北朝鮮でアフリカ豚コレラ発生の事実が公式確認された」とし、「まもなく南北共同連絡事務所を通じて、対北協議にも着手し、関係省庁と協議して協力法案を具体化していく予定だ」と述べた。

イ報道官は「政府は北朝鮮内のアフリカ豚コレラの拡散防止に向けた南北協力を推進する準備ができており、北朝鮮側と協議が行われ次第、具体的に準備していく」と説明した。

協議内容に関しては「具体的に協議過程を答弁するのは難しい」と述べた。

関連記事(外部サイト)