北、モンゴル政府へ「ウランバートル対話」不参加を公式通知

北、モンゴル政府へ「ウランバートル対話」不参加を公式通知

北、モンゴル政府へ「ウランバートル対話」不参加を公式通知

北朝鮮が、5〜6日モンゴル・ウランバートルで開かれる国際安保会議「ウランバートル対話(UBD)」に参加しないことをモンゴル政府へ公式通知したことがわかった。

日韓の複数メディアは5日、在モンゴル日本大使館関係者の言葉を引用し、「北朝鮮が昨日(4日)、平壌(ピョンヤン)駐在モンゴル大使館を通して会議の不参加を(モンゴル側に)伝えた」とし、「米国との関係、地域情勢をその理由として挙げ、今回の会議事態に疑問を投げかけた」と報じた。

なお、日本政府は今回の「ウランバートル対話」で北代表団と接触し、安倍首相の「前提条件のない日朝首脳会談」開催意思を伝える方針だったが、北朝鮮が不参加の決定を下したことから、日本政府の試みは不発となった。

関連記事(外部サイト)