5月の北発射ミサイル、核弾頭を搭載可能=韓国を核攻撃できる能力

5月の北発射ミサイル、核弾頭を搭載可能=韓国を核攻撃できる能力

5月の北発射ミサイル、核弾頭を搭載可能=韓国を核攻撃できる能力

北朝鮮が先月4日と9日に発射した短距離ミサイルには、核弾頭の搭載が可能であり、韓国国内を目標とした際、核で攻撃する能力があると分析された。

7日、自由アジア放送(RFA)によると、ジェフリー・ルイス米国ミドルベリー国際核研究所非拡散研究センター所長は、去る5日(現地時間)に発表した報告書で、先月北朝鮮が発射した短距離弾道ミサイルは、ことし2月に北朝鮮の閲兵式に登場したミサイル(KN-23)と同一であり、このミサイルは500キロの弾頭を積んで最大450キロまで飛行可能と分析した。

関連記事(外部サイト)