日本、来月末タイARFで北と接触なるか 「再度、模索」

日本、来月末タイARFで北と接触なるか 「再度、模索」

日本、来月末タイARFで北と接触なるか 「再度、模索」

日本政府、来月のASEAN地域安保フォーラム(ARF)で北朝鮮との接触を模索していることがわかった。7日、日韓の複数メディアが報じた。

日韓のメディアは外務省関係者の言葉を引用し、前日(6日)閉幕した「ウランバートル対話」で日朝間の接触が不発に終わったことを受け、「日本側は、7月末〜8月あたまにかけてタイで開かれるARFを通して、日朝協議の場をもうけることを目標にしている」と伝えた。

これを前に、日本政府は5〜6日、モンゴル・ウランバートルで開かれた「ウランバートル対話」に北朝鮮が代表団を派遣するものと見て、安倍首相の「前提条件のない日朝首脳会談」開催の意思を北朝鮮へ直接伝えようと外務省当局者を現地へ派遣した。

北朝鮮は毎年、この会議に外務省傘下の研究所関係者らで構成された代表団を出席させていたが、ことしは会議の前日、モンゴル政府へ「不参加」の意思を伝え、これにより日本の接触は不発に終わっていた。

関連記事(外部サイト)