米韓外相、電話会談=トランプ氏訪韓・朝鮮半島情勢を議論

米韓外相、電話会談=トランプ氏訪韓・朝鮮半島情勢を議論

米韓外相、電話会談=トランプ氏訪韓・朝鮮半島情勢を議論

米韓外交長官が16日、電話会談で今月末のトランプ大統領訪韓や朝鮮半島情勢について、意見を交換したと韓国外交部(外務省に相当)が17日、明らかにした。

外交部によると、ロシアを訪問中の康京和(カン・ギョンファ)外交長官は16日午後10時10分ごろ(日本時間17日午前4時10分)から、米国のポンペオ国務長官と約15分間、通話した。

両長官は今回の通話で来る6月末のトランプ大統領の訪韓が朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和政策及び米韓同盟強化法案について議論する重要な機会になることで認識を一致させた。またこれと関連し、米韓の外交当局間の緊密な協議を続けていくことにした。

関連記事(外部サイト)