中国主席、北朝鮮の労働新聞に寄稿「地域の平和・安定に向けた新たな局面を開拓」

中国主席、北朝鮮の労働新聞に寄稿「地域の平和・安定に向けた新たな局面を開拓」

中国主席、北朝鮮の労働新聞に寄稿「地域の平和・安定に向けた新たな局面を開拓」

中国の習近平国家主席が訪朝前日の19日、北朝鮮の労働新聞に寄稿文を載せた。中朝親善強化のための破格的な行動と解釈される。

習主席は寄稿文で「良い同志と良い隣人として国際情勢がどう変わろうと、中朝親善協力関係を強固に発展させることに対する中国党と政府の確固不動な立場には変わりなく、変わることもできない」と述べた。

続けて「我々は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)同志の正しい決断と当該各側の共同の努力によって、朝鮮半島に平和と対話が形成され、朝鮮半島問題を政治的に解決できる容易でない機会が設けられることで、国際社会の普遍的な認定と期待を獲得したことをうれしく思う」とし、「中国側は朝鮮同志らと手を取り合って努力し、地域の恒久的な安定を実現するための計画を共につくる用意がある」と伝えた。

これは、習主席が北朝鮮の歩みに対する全幅的な支持を明かしたもので、“友軍"の役割を強調したものと解釈される。

また習主席は「今回の訪問を通じて、金正恩委員長同志と朝鮮同志らと共に、中朝親善協力関係を設計し、伝統的な中朝親善の新たな章を刻もうと思う」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)