韓国統一部、北漁船の「廃棄通知」受け取るも「関与せず」

韓国統一部、北漁船の「廃棄通知」受け取るも「関与せず」

韓国統一部、北漁船の「廃棄通知」受け取るも「関与せず」

韓国統一部は、去る15日に江原道・三陟港で発見された北朝鮮の小型漁船が当初の政府発表とは異なり、未だ廃棄されていないとの指摘と関連し、「廃棄決定の通知を受け、廃棄するものと見なした」と20日、説明した。

統一部当局者はこの日、記者陣の取材に応じ「基本的に、船舶廃棄の問題について統一部は関与していない」とし、「(船長の)同意書を受け取り、廃棄決定が下されたとの通知を受けた。(それで)廃棄するものと見なしてお伝えしたまで」と明かした。

これを前に、統一部当局者は18日、漁船に乗っていた北朝鮮の船員4人のうち2人が亡命意思を明かし、残り2人は北朝鮮に送還されたと伝え、漁船については「船長の同意を得て、廃棄処理する」と伝えていた。

しかし2日後、韓国軍はこの漁船が東海第1艦隊に補完されているとし、当初の発表と食い違っていることがわかった。

関連記事(外部サイト)