ポンペオ氏、米朝実務交渉の再開可能性「高い」

ポンペオ氏、米朝実務交渉の再開可能性「高い」

ポンペオ氏、米朝実務交渉の再開可能性「高い」

マイク・ポンペオ米国務長官は23日(現地時間)、ドナルド・トランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に送った親書が、北朝鮮の非核化のための新たな足場になるとの期待を示した。

ロイター通信によると、この日ポンペオ長官はメリーランド州・アンドルーズ空軍基地で記者陣と会い、「私は(トランプ大統領の親書が)北朝鮮と重要な対話を始める良い土台を提供することを願う」と述べた。

また、米朝がちかく実務交渉を再開できるかを問う質問には「今朝、北朝鮮から出た発言をみると、おそらく可能性は高いだろう」とし、「北朝鮮がこのような議論について準備ができたことをみせてくれれば、我々は言葉通り、すぐにでも(交渉を)始める用意が整っている」と強調した。

関連記事(外部サイト)