韓国国防相、米国防長官代行と電話会談=米韓協力を確認

韓国国防相、米国防長官代行と電話会談=米韓協力を確認

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は25日、米国防長官代行に就任したエスパー氏と電話会談を行い、両国間の変わらない協力を確認したと、国防部が明らかにした。

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は25日、米国防長官代行に就任したエスパー氏と電話会談を行い、両国の変わらない協力を確認したと、国防部(防衛省に相当)が明らかにした。

国防部は同日午前、電話会談でエスパー長官代行が「韓国が最も近い同盟であるため、国防長官代行就任初日である24日夜(現地時間)、電話会談をした」と伝えた。

鄭長官は「国防分野の多様な経験を通じて、国防政策に対する理解が深いエスパー長官代行が米国防長官の重い任務を立派に遂行し、韓米同盟の発展にも寄与するだろう」と期待を示した。

両長官は米韓同盟がマティス前国防長官とシャナハン前国防長官代行のリーダーシップの下、この1年半の間、朝鮮半島の安全保障状況をダイナミックに変化させる上で、大きな役割を果たしたと評価した。

また、今後も揺るぎない合同防衛体制を基盤に、朝鮮半島の非核化に向けた両国の外交的な努力を引き続き軍事面で支援していくと再確認した。

関連記事(外部サイト)