韓国外相「徴用工判決、日本が報復措置取れば黙っているわけにはいかない」

韓国外相「徴用工判決、日本が報復措置取れば黙っているわけにはいかない」

韓国外相「徴用工判決、日本が報復措置取れば黙っているわけにはいかない」

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が25日、韓国最高裁の徴用工賠償判決と関連し、日本が報復措置を取る場合、黙っているわけにはいかないと述べた。

康長官は同日、国会外交統一委員会全体会議で「最高裁の判決でもう少しすれば、日本企業の資産売却の強制執行が実施される。そうすれば日本の立場では二度と韓国と接触しない。報復も考えられる」という「自由韓国党」のユ・ギジュン議員の質疑に「報復措置があれば、韓国政府も黙っているわけにはいかない」と答えた。

ただし、「外交当局としてそのような状況が発生しないよう綿密に準備し、協議している」と述べた。

関連記事(外部サイト)