韓国人、最も信頼するのは「大統領」…不信抱くのは「検察、国会、警察」

韓国人、最も信頼するのは「大統領」…不信抱くのは「検察、国会、警察」

韓国人、最も信頼するのは「大統領」…不信抱くのは「検察、国会、警察」

韓国における主要国家機関および社会機関を対象にした信頼度の調査で26日、大統領が昨年に続いて「最も信頼度が高い機関」とわかった。一方、信頼度が最も低い3つの機関は警察、国会、検察だった。

世論調査専門機関「リアルメーター」が「オーマイニュース」の依頼で去る25日、韓国の19歳以上の男女500人を対象に「2019年国家社会機関信頼度」と調査し、この日発表した結果によると、大統領が25.6%で「最も信頼できる」と調査された。

大統領に続いて、市民団体(10.1%)が2ケタの信頼度を記録し、メディア(9.0%)、宗教団体(8.1%)、大企業(6.3%)、裁判所(5.9%)、中央政府部署(4.8%)、労働組合(4.1%)、軍隊(3.9%)の順だった。

また、最も信頼度が低い3つの機関は警察(2.2%)、国会(2.4%)、検察(3.5%)と調査された。

関連記事(外部サイト)