北朝鮮、交渉パートナーのポンペオ氏交代を要求

北朝鮮、交渉パートナーのポンペオ氏交代を要求

米国のトランプ大統領の訪韓が2日後に迫った中、北朝鮮が27日、米国に交渉パートナーとしてポンペオ国務長官の交代を要求した。

米国のトランプ大統領の訪韓が2日後に迫った中、北朝鮮が27日、米国に交渉パートナーとしてポンペオ国務長官の交代を要求した。また交渉姿勢の修正と、“完全な代案”の提示も促した。

北朝鮮は27日、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長名義の談話を通じて「米国と対話をしようとしても交渉の姿勢がきちんとしていなければならず、話が通じる相手と交渉をすべきで、完全な代案を持ってきてこそ、交渉も開かれる」とし、対話再開の前提条件を提示した。

北朝鮮は「話が通じる相手と交渉しなければならない」とし、交代すべき特定人物については言及しなかったが、前日、外務省報道官の談話を通じて、ポンペオ長官を直接非難した点を考慮すると、ポンペオ長官の交代を要求したものとみられる。

関連記事(外部サイト)