米韓の北核問題担当、実質的な進展手段を協議

米韓の北核問題担当、実質的な進展手段を協議

米韓の北核問題担当、実質的な進展手段を協議

トランプ大統領の韓国訪問を翌日に控えた28日、米韓の北核問題担当の高官が今後の米朝対話再開の方向性について協議した。

李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長はこの日、ソウル・外交部(外務省に相当)庁舎で韓国を訪問中のビーガン北朝鮮担当特別代表と接見した。去る19日、ワシントンD.Cで米韓北核代表間協議を実施してから8日ぶり。

李本部長は「きょうは、2つの理由において非常に適時性がある」とし、トランプ大統領の訪韓と最近の挑戦半島情勢を例に挙げると「明日、トランプ大統領がソウルに到着するが、米韓両首脳の会談成功のため、共に準備したい」と述べた。

これに、ビーガン特別代表は「今回の協議に期待している」と応えた。

関連記事(外部サイト)