外国人観光客、事前登録なしで自動化ゲート利用可能に=韓国

外国人観光客、事前登録なしで自動化ゲート利用可能に=韓国

外国人観光客、事前登録なしで自動化ゲート利用可能に=韓国

来る10日から、韓国を訪問する外国人観光客が出国する際、別途に事前登録せずに自動化ゲートを利用できるようになる。

法務部(法務省に相当)はこのように改善された外国人観光客の自動化ゲート内容を1日、明らかにした。

法務部は夏のシーズンを迎え、韓国を訪問した外国人観光客がさらに便利に出国できるようにし、また出国審査場の混雑を緩和、ピークを迎え出国する国民の便宜向上に向けて、制度を改善した。

これまでは住民登録証の発給を受けた韓国国民や外国人登録を行った17歳以上の外国人、在外同胞ら居所申告者のみが事前登録なしに自動化ゲートを利用することができた。

制度の利用可能対象は韓国入国時、顔写真と指紋情報を提供した17歳以上の短期訪問外国人で、仁川、金海、金浦、済州、大邱空港と釜山港から出国する際に提供される。

外国人観光客が短期間、韓国に滞在(90日以下)するために入国時に提供した指紋と顔写真の情報の正確度が高く、自動分析技術を活用し、本人かどうかを正確に確認できるというのが法務部の説明だ。

これにより3.4%(2018年基準に)にとどまっている外国人の自動化ゲートの利用率が40%まで増加するものと予想される。

ただし、入国時に指紋や顔写真を提供しなかったり、出国禁止・停止の規制者、滞在期間の超過者、パスポート及び認定事項の不一致者は同制度は利用できない。

関連記事(外部サイト)