米国務省「トランプ大統領の訪韓で堅固な米韓同盟を再確認」

米国務省「トランプ大統領の訪韓で堅固な米韓同盟を再確認」

米国務省「トランプ大統領の訪韓で堅固な米韓同盟を再確認」

米国のトランプ大統領が先月末、韓国訪問で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と堅固な米韓同盟を再確認し、北朝鮮の非核化達成、対北制裁の履行などに対する協力を約束したと2日(現地時間)、米国務省が伝えた。

国務省は同日、トランプ大統領の先月29〜30日、訪韓関連の説明資料を通じて、その意義を説明し、このように伝えた。

国務省によると、トランプ大統領は今回の訪韓中、文大統領との首脳会談などを通じて「北朝鮮問題と関連し、緊密な米韓協力が必要だ」との点を強調。また両首脳は、北朝鮮の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)、そして国連安全保障理事会の対北制裁決議案の完全な履行に対する約束を再確認したという。

国務省は特にトランプ大統領が先月30日、板門店(パンムンジョム)で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会談し、米朝実務交渉を再開することで合意したとし、「トランプ大統領は昨年6月、シンガポールで開かれた第1回米朝首脳会談を通じて、自分と金委員長が立てた目標である米朝関係の転換、北朝鮮の完全なる非核化達成に専念している」と説明した。

関連記事(外部サイト)