韓国大統領府高官、日本の輸出規制で「主要5企業グループと疎通・協議中」

韓国大統領府高官、日本の輸出規制で「主要5企業グループと疎通・協議中」

韓国大統領府高官、日本の輸出規制で「主要5企業グループと疎通・協議中」

韓国青瓦台(大統領府)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長(閣僚級)は3日、日本政府が最近、韓国への半導体・ディスプレイ核心素材の輸出規制を強化したことと関連し、5大グループ(サムスン・現代自動車・SK・LG・ロッテ)と直接連絡を取り、対応策を議論していると明らかにした。

金室長は同日、国会で開かれた青瓦台と政府、与党の幹部による協議会で「今朝、一部新聞で報道されたが、これに先立ち、現状に対する日本側の記事が日曜日(6月30日)午前に出た。記事を見てすぐ、5大グループなどに直接連絡を取り、『国益のためには政府と財界がともに疎通、協力すべきだ』との意向を伝え、協議している」と述べた。

続けて「今後もこうした方向で、政府と企業がともに困難を克服していけるよう、できる限り努力する」と述べた。

関連記事(外部サイト)