北が再び米批判 「表では会談提案、裏では敵対行為を強化」

北が再び米批判 「表では会談提案、裏では敵対行為を強化」

北が再び米批判 「表では会談提案、裏では敵対行為を強化」

国連駐在の北朝鮮代表部は3日(現地時間)、米国に対して北朝鮮に向けた「敵対行為」がより強化されていると再び非難した。

ロイター通信によると、北朝鮮代表部のこのような発言は、ドナルド・トランプ大統領が米朝間の対話を望んでいるにも関わらず飛び出したものだ。

北朝鮮代表部は声明で、これは北朝鮮が精製油輸入上限を違反したという米国の主張に対する対応としている。

声明は去る6月29日、米国・フランス・ドイツ・イギリスが全ての国連会員国へ送った書簡で、対北制裁を実行し全ての北朝鮮労働者らを本国へ帰国させるよう追求した点を非難。北朝鮮側は「今回の共同書簡ゲームは、トランプ大統領が米朝首脳会談を提案した当日、米国務省の指示を受けて国連駐在の米国代表部が進行したという事実を見逃すことはできない」と明かした。

また、北朝鮮代表部は去る6月29日に送られた書簡について「米国は、米朝対話を言及しておきながらも、事実上、対北敵対行為をより強化する態度を見せている点が現実だということを強調したい」と指摘した。

関連記事(外部サイト)