北実務交渉代表に元大使の金明吉氏が有力=米専門家

北実務交渉代表に元大使の金明吉氏が有力=米専門家

北実務交渉代表に元大使の金明吉氏が有力=米専門家

北朝鮮の非核化問題などを話し合うため米朝間の実務会談が、はやければ今月中に開かれると予想される中、スティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表の相手として、金明吉(キム・ミョンギル)前ベトナム大使が有力との分析が注目されている。

ケン・ゴース米海軍分析センター(CNA)局長は3日(現地時間)に報じられた自由アジア放送(RFA)とのインタビューで「北朝鮮が実務交渉の責任者を(朝鮮労働党)統一戦線部から外務省所属の人事に変えるとみられる」とし、「金明吉 元大使が最も有力だろう」と述べた。

また金元大使が過去、6カ国協議に国連代表部の次席大使として参加した経験があり、国連駐在の北朝鮮代表部次席大使を担い、米国で生活した経験があるなど”米国通”である点をその理由に挙げた。

ゴース局長は「金元大使がビーガン代表の交渉相手となれば、それは良い決定だ」と明かした。

関連記事(外部サイト)