駐日韓国大使、「韓日関係改善のため首脳会談開催を希望」

駐日韓国大使、「韓日関係改善のため首脳会談開催を希望」

駐日韓国大使、「韓日関係改善のため首脳会談開催を希望」

南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使が最近悪化した日韓関係改善のために「韓日首脳会談が開催されることを希望する」と明かしたと5日、日本メディアが報じた。

日本メディアによると南大使は、日本政府が半導体関連尾素材などの韓国輸出規制を強化したことについて「両国の経済に悪影響を及ぼす」とし「韓国では円満な早期解決を望む意見が大多数」と説明した。

南大使はまた、日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた韓国最高裁判所の判決に関しては「民事訴訟である上、数十年間、法廷で双方の意見が互いにぶつかってきた結果」としながら、「原告と被告が今後、どのようにするのかを議論した後、(韓日)政府間で協議したり、措置をとったりしなければならない」と述べた。

関連記事(外部サイト)