金日成25周忌迎える北朝鮮、「自力更生の威力で、輝かしい歴史を」

金日成25周忌迎える北朝鮮、「自力更生の威力で、輝かしい歴史を」

金日成25周忌迎える北朝鮮、「自力更生の威力で、輝かしい歴史を」

北朝鮮メディアは8日、金日成(キム・イルソン)主席死去25周忌を迎えて追悼社説および記事などを通して雰囲気を造成し「自力更生の威力により、偉大な首領様の名で輝かしい社会主義の歴史をつくっていかなければならない」と追求した。

労働党機関紙「労働新聞」はこの日、「偉大な首領・金日成同志の遺訓を徹底して観察し、主体朝鮮の名と剛性繁栄の勢いを力強く広めよ」とのタイトルで社説を掲載。

新聞は、党が提示した国家経済発展5年戦略目標を必ず達成することを強調した上で、「自力更生、自給自足の救護を高く掲げ、再び世界を驚かせる奇跡的な社会を創造し、前進し復興する金日成、金正日朝鮮の位相を万方に知らしめよ」と明かし、内部結束を呼び掛けた。

関連記事(外部サイト)