北朝鮮、10年間で危機管理指数悪化した国家=国連

北朝鮮、10年間で危機管理指数悪化した国家=国連

北朝鮮、10年間で危機管理指数悪化した国家=国連

国連が北朝鮮を「直近10年間で危機管理指数が最も悪化した10か国」のひとつに分類したことがわかった。米国自由アジア放送(RFA)が伝えた。

RFAは10日、国連傘下の機構が先ごろ共同で発行した「2019人道主義危機及び災害危険評価報告書」で、北朝鮮当局の危機管理能力が世界191か国のうち55番目と評価したと明かした。

特に、結核など伝染病予防能力や自然災害退避などは、世界最下位レベルであるとの評価を下した。

危険指数は自然災害、政府能力、地域社会の脆弱性など50の指標を総合して算出。北朝鮮は4.7点で、調査対象の191か国のうち下位28%レベルの55位と評価された。

RFAによると、北朝鮮は2010年以降、危機指数が大幅に悪化した10大国家のひとつに分類された。

関連記事(外部サイト)