ベトナム人妻暴行で逮捕された韓国人夫、元妻登場で急展開 「不倫の末、夫をとられた」

ベトナム人妻暴行で逮捕された韓国人夫、元妻登場で急展開 「不倫の末、夫をとられた」

ベトナム人妻暴行で逮捕された韓国人夫、元妻登場で急展開 「不倫の末、夫をとられた」(画像提供:news1)

ベトナム人妻を執拗に暴行する韓国人夫の動画が拡散。この男は逮捕され、李洛淵(イ・ナギョン)国務総理が訪韓中のベトナム公安部長官に謝罪する事態に発展した中、事件は急展開を迎えた。逮捕された韓国人男性の元妻を名乗る女性が登場し、「ベトナム人女性から、不倫の末に夫をとられた」と暴露し、注目を集めている。

10日、ネットコミュニティサイトには、ベトナム妻暴行事件の加害者(韓国人男性)の元妻を名乗るAさんの文章が投稿された。

Aさんはこの投稿文で「暴行動画に映るベトナム人女性は、他人(Aさん)の家庭をぶち壊し、不倫の末に夫を奪った。あまりに頭にきて、この文章を投稿するに至った」と説明。

また「ベトナム人女性に、この男性(夫)は私と結婚している既婚者で子どももいるから、もう会わないでと何度も直接会って話したにも関わらず、子どもを妊娠して、ベトナムで結婚式と100日記念(赤ちゃん誕生100日を祝うパーティー)までした」とし、「私を泣かせておいて、良い暮らしがしたいと子どもを連れて韓国に来て、堂々と育てている状況に鳥肌がたった」と明かした。

逮捕された元夫については「あの男は暴言や家庭暴力、不倫の罪で罰を受けなければならない」とした上で、「だけど、あの女(ベトナム人女性)も夫と何も変わらない人だ」と激怒。「あの男と不倫していた当時、警察に電話したが、姦通罪が廃止されたため心証だけで出動することはできないという警察の言葉に、自分の国で私は警察の助けも借りることのできない現実がつらかった」と心境を語った。

最後に元妻は「あの男からは養育費も受け取っておらず、子どもを一人で育てている」とし、「罪悪感が少しもないあの2人に、厳重な処罰を望む。そして、あの女も韓国ではなく、ベトナムへ強制送還してほしい」と訴えた。

これを前に、韓国人夫がベトナム人妻に殴る蹴るの暴行を加える動画がネット上で拡散し、物議を醸した。これは、夫の家庭内暴力に耐えかねたベトナム人妻がスマホを鞄に隠して撮影した映像だった。

この映像には、韓国人夫が「ベトナム料理は作るなと言っただろう?」などと暴言を浴びせながら、ベトナム人妻に暴力を加え、その傍らで小さな子どもが泣いているようすが記録されていた。

以降、ベトナム人妻が警察に通報。男の令状実質審査がおこなわれ、逮捕に至った。

関連記事(外部サイト)