韓国政府、「日本の対制裁発言、安保協力関係に望ましくない」

韓国政府、「日本の対制裁発言、安保協力関係に望ましくない」

韓国政府、「日本の対制裁発言、安保協力関係に望ましくない」

韓国青瓦台(大統領府)は11日、日本の主要関係者らが今回の対韓国輸出規制措置の理由として、対北朝鮮制裁順守問題を挙げて、政治的な背景の報復措置ではないと発言したことに対し「対北制裁と関連付ける発言は、両国友好や安保協力関係にも決して望ましくない」と批判した。

青瓦台の関係者は同日、春秋館で記者らと会い、「これまで韓国に大量破壊壁に使われるウラン濃縮素材(フッ化水素)を輸出していたが、韓国が一部使用先を明かしていないなど、管理していない」という趣旨の小野寺五典安全保障調査会長の発言に立場を問われると「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨日、経済界懇談会の冒頭でも話している」とし、このように述べた。

同関係者は「日本の発言は、(その事実が)確認されていないもの」とし、「はっきり事実かどうかを判断した後で申し上げるのが正しい」と説明した。

関連記事(外部サイト)