北朝鮮との実務交渉日程はまだ決まっていない=米国務省

北朝鮮との実務交渉日程はまだ決まっていない=米国務省

北朝鮮との実務交渉日程はまだ決まっていない=米国務省(提供:news1)

米国と北朝鮮の両首脳が先月、板門店(パンムンジョム)会談で約束した実務交渉再開と関連し、米国務省が15日(現地時間)まだ日程が決まっていないと明かした。

米国務省は同日、自由アジア放送(RFA)とのインタビューで「米国が北朝鮮に今週、実務交渉をしようと提案した」との報道と関連した質問に対し「現在としては日程がない」と答えた。

続けて「米朝が非核化の概念に同意することが実務交渉目標のうちの一つか」との質問に「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がシンガポールで開催した第1回米朝首脳会談で約束した最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化が米国の目標」と強調した。

また「トランプ大統領は1回目の首脳会談で金委員長と合意した新しい米朝関係、恒久的平和、完全な非核化を実現するため、実務交渉が再開されることを望んでいる」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)