経産相、文大統領の警告に強く反論 「対抗措置ではない」

世耕弘成経産相が韓国の文在寅大統領の警告にツイッターで反論

記事まとめ

  • 世耕弘成経産相は、韓国の文在寅大統領の警告についてツイッターで反論した
  • 世耕氏は「運用を見直すものであり、『対抗措置』ではない」と明かした
  • 運用については、国際機関のチェックを受けるような性質のものではないとも述べている

経産相、文大統領の警告に強く反論 「対抗措置ではない」

経産相、文大統領の警告に強く反論 「対抗措置ではない」

経産相、文大統領の警告に強く反論 「対抗措置ではない」

世耕弘成 経産相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「日本経済により大きな被害が及ぶ」と警告したことについて、自身のSNS(Twitter/ツイッター)で反論した。

世耕経産相は15日、SNSで「報道されている本日の文大統領の発言について、特に2点に絞って私の考えを述べます」とした上で、「今回の見直しは、安全保障を目的に輸出管理を適切に実施する観点から、その運用を見直すものであり、『対抗措置』ではない」と一貫して説明しています(原文まま)」と明かした。

また、文大統領が「日本が疑惑を撤回する考えがないなら、韓国政府が提案した通り、両国が共に国際機関の検証を受けて疑惑を解消し、その結果に従えば良い」とする発言に対しては、「出許可判断の際の「運用」については、国際輸出管理レジームのワッセナー・アレンジメントの基本指針で各国の法令等に委ねられ、各国が責任をもって実効性ある管理を行うことが求められており、国際機関のチェックを受けるような性質のものではない(原文まま)」と自身の考えを的確に述べている。

これを前に、文大統領は去る15日の首席秘書官・補佐官会議で、日本が韓国に対する輸出規制を強化したことについて、「韓国経済が一段階高い成長を図っている時期に、経済成長を防いだに等しい」などと発言。「日本政府は一方的な圧力をやめ、外交的な解決の場に戻ることを望む」と求めていた。

関連記事(外部サイト)