韓国合同参謀本部、黄海で発見の潜望鏡とみられる物体 「北スパイの疑いなし」

韓国合同参謀本部、黄海で発見の潜望鏡とみられる物体 「北スパイの疑いなし」

韓国合同参謀本部、黄海で発見の潜望鏡とみられる物体 「北スパイの疑いなし」

韓国合同参謀本部は17日午前、忠清南道(チュンチョンナムド)・唐津(タンジン)行淡島(ヘンダムド)休憩所付近の黄海に「潜望鏡とみられる物体がある」と通報を受け確認した結果、「対共(北朝鮮のスパイや思想犯)の疑いなし」と最終判断を下した。

合同参謀本部はこの日、「韓国軍は、潜望鏡(潜航中の潜水艦内部から海面上を観測する際に使用される装置)と推定される物体があるとの通報を受けて確認した結果、北スパイの疑いはないと判断した」と明かした。

これを前に同日午前、高速道路を巡察していた警察が「潜望鏡とみられる物体が水面上を移動するのを見た」との通報を受け、当局へ報告。韓国軍が確認作業をおこなった。

関連記事(外部サイト)