輸出規制で日韓関係”悪化”=光明−大和市の交流事業も「中断」

輸出規制で日韓関係”悪化”=光明−大和市の交流事業も「中断」

輸出規制で日韓関係”悪化”=光明−大和市の交流事業も「中断」

徴用工訴訟問題や日本の輸出規制で日韓関係が最悪の状況になる中、大和市と韓国の光明(クァンミョン)の中高生による交流事業が「キャンセル」されたことがわかった。18日、日韓の複数メディアが報じている。

報道によると、大和市と光明市は去る2009年、友好都市提携を結び、毎年中高生を対象に都市を交代で訪問する交流事業をおこなってきた。

ことしは光明市から計11人の学生が来る26日から4日間の日程で大和市を訪問、ホームスティ体験や地域の祭りに参加する予定だった。

しかし、日韓関係が悪化していることを受け去る16日、光明市より「韓国内の状況から、市民の共感を得ることができない」と交流事業中断の意思が伝えられた。

この連絡に、大和市で交流プログラム準備をおこなっている当局者は「韓国側の決定は非常に遺憾」としながらも、「互いを理解しようという目的であるため、国と国の関係が悪化していても友好関係は継続していきたい」と明かした。

関連記事(外部サイト)