韓国外交部、河野外相の抗議内容を「把握中」=韓国側の立場発表へ

韓国外交部、河野外相の抗議内容を「把握中」=韓国側の立場発表へ

韓国外交部、河野外相の抗議内容を「把握中」=韓国側の立場発表へ

河野太郎 外相が19日午前、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を呼び、韓国最高裁の徴用工賠償判決問題に関して抗議したことと関連し、韓国外交部(外務省に相当)は「立場を整理している」と明かした。

外交部当局者は「河野外相の発言を把握中であり、それに応じて韓国政府の立場を明かす」と伝えている。

この日、河野外相は日本が徴用工賠償判決に関して要求した日韓請求権協定に基づく仲裁手続きに韓国が応じなかったことについて「非常に残念だ」と抗議。また「韓国政府が国際法違反の状態を野放しにせず、ただちに是正措置をとることを強く求める」と述べた。

これを前に、日本政府はことし1月、協定に基づく政府間協議を韓側へ要請した。その後も回答がなかったため、5月に協議で解決しない紛争処理を付託する仲裁委員会の設置を要請。しかし、韓国政府は協定上の期限とされる今月18日までに仲裁の諾否について回答しなかった。

関連記事(外部サイト)