韓国大統領府、河野外相の発言に反発 「状況悪化させる発言、慎むべき」

韓国大統領府、河野外相の発言に反発 「状況悪化させる発言、慎むべき」

韓国大統領府、河野外相の発言に反発 「状況悪化させる発言、慎むべき」

韓国青瓦台(大統領府)のキム・ヒョンジョン国家安保室第2次長は19日、「根本的に、当初、徴用工という反人道的な不法行為を通して、国際法に違反したのは日本」とし、「この点は、韓国最高裁の判決が指摘したもの」と明かした。

キム次長はこの日定例会見を開き、河野外相が南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を呼び、日本政府が「第3国仲裁委」設置を韓国政府に要求し、これに期限まで韓国政府が応じなかった点を「国際法違反」と抗議したことと関連し、「我々が国際法に違反しているという日本側の主張は間違っている」などと述べた。

また「日本は請求権協定上、仲裁を通した問題解決を持続的に主張しているが、韓国政府としては日本側が設定した一方的な期限に同意した覚えはない」と反発。その上で「この状況で、日本政府は不当な輸出規制措置を撤回し、状況を悪化させる発言を慎むよう強く求める」と伝えた。

キム次長の会見は、大部分が日本政府に対する「反発」だったが、発言の中で京都アニメーションの爆発火災にも言及。「本日、南駐日大使を通して爆発火災の犠牲者に哀悼の意を伝えさせていただいた。これに、河野外相は感謝の意を表した」とも明かした。

関連記事(外部サイト)