韓国南西部で建設現場の足場崩れる=台風5号の影響

韓国南西部で建設現場の足場崩れる=台風5号の影響

韓国南西部に位置する光州(クァンジュ)広域市で、台風5号の影響による強い風が吹き、建設現場の足場が崩れる事故が起きた。(提供:news1)

韓国南西部に位置する光州(クァンジュ)広域市で、台風5号の影響による強い風が吹き、建設現場の足場が崩れる事故が起きた。

光州消防本部などによると、20日午前4時50分頃に市内の再開発地域の工事現場の足場が崩れたという。

人的被害はなかったと伝えられている。消防当局は午前5時頃から現場の通行を規制し、光州広域市東区庁に引き渡した。

東区は、足場を撤去するなどの措置を午前中に完了させる方針だという。

この日午前4時ごろには、東区に平均風速6〜7m/sの風が吹き、瞬間最大風速10m/sの強風もあったと韓国気象庁は説明している。

関連記事(外部サイト)