トランプ氏、板門店で北に「合同軍事演習中断」の話せず… 北の主張と”食い違い”

トランプ氏、板門店で北に「合同軍事演習中断」の話せず… 北の主張と”食い違い”

トランプ氏、板門店で北に「合同軍事演習中断」の話せず… 北の主張と”食い違い”

先月30日、電撃的に開催されたトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長間の「板門店会合」の際、米韓合同軍事演習の中断問題について「議論されていない」と報じられている。

ハリー・カジアニス米国益研究所(CNI)韓国担当局長は21日(現地時間)、FOXニュースに寄稿した文で、複数の米韓担当者よりこのように伝達されたと明らかにした。

米韓は来月初め「19-2同盟」合同軍事演習をおこなう予定だが、北朝鮮は軍事演習問題を挙げた上でこれを非核化実務交渉に関連づけ、交渉テーブルにつくことを遅延させようとしている。

北朝鮮は昨年、6.12シンガポール米朝首脳会談に続き、今回の板門店会合でトランプ大統領が「米韓合同軍事演習の取りやめを約束した」と主張。去る16日、北朝鮮外務省は「それ(合同軍事演習)が現実に行われれば、米朝実務交渉に影響を与える」と警告した。

関連記事(外部サイト)