トランプ氏、正恩氏より再び親書 「準備が整い次第、会えるだろう」

トランプ氏、正恩氏より再び親書 「準備が整い次第、会えるだろう」

トランプ氏、正恩氏より再び親書 「準備が整い次第、会えるだろう」

ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮より親書を受け取り、北朝鮮核プログラム終了のための交渉を再開するため努力していると22日(現地時間)、明らかにした。

ロイター通信によると、トランプ大統領は同日、ホワイトハウスで行われた記者会見で「最近、北朝鮮と”ポジティブな親書”を交換している」とし、このように述べた。

また「北朝鮮との新たな交渉が予定されているのか」との質問に「そうではないが(決定はしていないが)、我々はとても良い関係を維持しており、彼もおそらく我々に会いたいと思っているだろう」と回答。「これからどうなるのか、目の当たりにできるだろう」と明かした。

さらに、トランプ大統領は「特定の時点で(会談が)実現するだろう」とした上で「そのとき、北朝鮮が(非核化と関連した)準備が整えば、我々も準備ができる」と強調した。

関連記事(外部サイト)