ロシア、“領空侵犯”に遺憾を表明=「機器の誤作動…意図はなかった」

ロシア軍用機の領空侵犯めぐり、ロシア側が韓国に「機器の誤作動」と説明か

記事まとめ

  • 韓国青瓦台(大統領府)は、ロシアの軍用機が領空を侵犯したことに言及した
  • ロシア側が「深い遺憾を表明する」として、韓国に「機器の誤作動」と説明したという
  • ロシア側は「飛行は事前に計画されたもので、中国との合同飛行演習だった」と説明

ロシア、“領空侵犯”に遺憾を表明=「機器の誤作動…意図はなかった」

ロシア、“領空侵犯”に遺憾を表明=「機器の誤作動…意図はなかった」

ロシア、“領空侵犯”に遺憾を表明=「機器の誤作動…意図はなかった」

韓国青瓦台(大統領府)は前日(23日)、ロシアの軍用機が韓国領空を侵犯したことと関連し、ロシア側が「深い遺憾を表明する。ロシア国防省が直ちに調査に着手し、必要な措置を取る」と述べたと、24日に明らかにした。

青瓦台のユン・ドハン国民疎通首席は同日午前、会見を通じて、前日のロシア次席武官が韓国国防部の政策企画官に会い、このように述べたと伝えた。

ユン首席によるとロシア側は「機器の誤作動で計画していない地域に入ったとみられる」とし、「韓国側が領空侵犯の時間や位置情報などを提供してくれれば、事態の解決に役立つ」と述べた。

ロシア側は続けて「飛行は事前に計画されたもので、中国との合同飛行演習だった」とし、「当初の計画通りならこうした状況は発生しなかったはずだ」と説明した

また「ロシアは、国際法はもちろん、韓国国内法も尊重する。意図を持って侵犯したのではない」とし、「ロシアは今回の事態と関係なく、韓国との関係が発展することを望む」と述べた。

関連記事(外部サイト)