韓国軍「北朝鮮の飛翔体、2発とも短距離ミサイル…高度約50キロ」

韓国軍「北朝鮮の飛翔体、2発とも短距離ミサイル…高度約50キロ」

韓国軍「北朝鮮の飛翔体、2発とも短距離ミサイル…高度約50キロ」

韓国の合同参謀本部は25日、北朝鮮が発射した未詳の飛翔体2発とも短距離ミサイルと推定した。

合同参謀本部は同日「北朝鮮がきょう5時34分と5時57分ごろ、元山(ウォンサン)から東海(日本名:日本海)へ向けて未詳の飛翔体2発を発射しており、飛行距離は約430キロメートルだ」と述べた。

また合同参謀本部の関係者は「北朝鮮が今回発射した飛翔体は短距離ミサイルとみており、緊密に分析中」とし「高度は約50キロで、正確に把握した地域は咸鏡北道の虎島半島付近」と述べた。

同関係者は「米国側では多様な探知システムを運用した結果、2回目に発射されたミサイルの飛行距離は最初に発射されたものより長かったと評価しており、韓米情報当局間で分析中だ」と付け加えた。

また同ミサイルは北朝鮮が地上で移動式発射台(TEL)を通じて発射し、すべて日本海上に落下したものと合同参謀本部は推定している。

関連記事(外部サイト)